このサイトはカーテンに関するサイトです。
また、リンクフリーです。

カーテン1616.comタイトル

カーテンの機能

カーテンというと装飾的な働きについ目がいってしまいますが、インテリアにとって、そういった働きも大切になりますが、次のような基本的機能を持っているのです。

遮蔽機能(カーテン)

住宅の開口部分、特に窓には採光のために透明ガラスがよく用いられているのですが、透明ガラスの場合、外からの視線を遮ることができるけど外の光が室内に入ってくるのでカーテンをつける事で手軽に外部からの視線を遮る事ができるのです。

 

調光機能(カーテン)

外からの光を完全にではなく、一定の程度に抑えたいときにカーテンの中でもレースを用いれば、ある程度の光を緩和され、外光の採り入れと室内からの眺望が可能になるのです。

 

保温機能(カーテン)

保湿機能のカーテンは厚手なのでギャザーが多いカーテンは断熱効果があって冬などの寒い季節のときに窓ガラスに接してカーテンをしておけば、かなりの保温効果が得ます。
カーテンのそういった効果を強く発揮させるようにしたものが、断熱カーテンなのです。

 

防音効果(カーテン)

防音効果のあるカーテンには保温機能のカーテンと同じ効果があって厚手のカーテンが防音効果があるのです。
防音カーテンは室内の音を吸収する効果があり、外の音を遮る遮音効果などもあるのです。
そういった機能を付けたカーテンが遮音カーテンといわれているのです。

間仕切り機能(カーテン)

間仕切り用として、アコーデオンやロールスクリーンのような便利なものもあるのですが、カーテンも手軽な間仕切り機能を持つものとして使用することができます。

 

カーテン素材

 

カーテン素材:綿

綿は丈夫で価格が安くて染色性も良いのですが、時間が経つと黄変し長時間太陽光に曝すと生地が弱くなってしまいます。
プリントカーテン地としてよく用いられています。

カーテン素材:麻

麻は丈夫で腰が強くてシャリシャリとした感触があるのですが、シワがよりやすく縮みやすい性質があります。
しかし、太陽光には強く、ケースメントによく用いられています。

 

カーテン素材:絹

絹は光沢があって美しく、上品な風合いがあり、染色性も良いのですが、虫害に弱く、太陽光にも極めて弱い性質があります。
カーテン地としてほとんど用いることはありません。

 

カーテン素材:毛(ウール)

柔らかな風合いがあり、保温性や通気性に優れており、太陽光にも比較的強いのですが、虫がつきやすい性質があります。
それに縮むので予め薬品で縮めたものを用いたり、ドライクリーニングなどをします。

 

カーテン素材:レーヨン

レーヨンは価格が安く、光沢があって染色性も良くて加工も容易で、ドレープ性も良いのですが、シワがよりやすいのが欠点です。
ドレープカーテン地として多く用いられており、耐久性はあまりなく、洗濯もドライクリーニングに限られます。

 

カーテン素材:キュプラ

キャプラは光沢があって美しく、シワにあまりなり難くて手触りが良いことから高級ドレープ地として扱われています。

 

カーテン素材:アクリル

アクリルはウールのように柔らかい感触があり、軽くて保温性もあり、シワにもなり難く、染色性も鮮やかで太陽光にも強いので、カ-テン素材として多く用いられているのですが、毛羽立ちやすく熱に弱い事が難点です。

 

カーテン素材:ポリエステル

ポリエステルは摩擦に強く、シワになり難い上に、熱にも強いためレースカーテンの素材として多く用いられているのですが、帯電しやすくて汚れやすいのが欠点ですが、水洗いできるので楽です。

 

カーテン素材:アセテート

アセテートは軽く光沢に優れているのですが、摩擦や熱に弱いためカーテン地としてはあまり用いられなくなっています。

 

カーテン素材:ポリクラール

ポリクラールは難燃繊維なので太陽の光や高熱に強く、プリントカーテン地やドレープカーテン地として多く用いられており、特性としてアクリルに似ています。

 

カーテン素材:ガラス繊維

ガラス繊維は不燃繊維で伸び縮みが少なく、熱や薬品、太陽光などにも強く絶縁性もあります。

 

おすすめWEBサイト 5選

バンドTシャツ

Last update:2018/11/2